整体師の職業病

整体師には職業病もある

整体師の仕事はやりがいや魅力も大きなものがありますが、職業病とも言えるような症状が生じる事もあります。
仕事を続ける上では仕方がない面もありますが、なるべく気をつけておく事で回避する事ができるので、どんな症状が生じる可能性があるのかを知っておく事はとても大切です。
ここでは整体師の方に起こりやすい職業病をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてほしいと思います。

整体師の職業病をご紹介

整体師がなりやすい職業病としては、まずは腱鞘炎があります。
これは間接などに炎症が生じてしまい痛みが伴います。
腱鞘炎が生じてしまうと整体の施術も行なう事ができなくなってしまうので、十分に注意したい所です。
特に頑張って整体の施術をしている方ほど、常に休みなく自分の体や腕などを施術のために使う事になります。
知らず知らずのうちに大きな負荷がかかってしまっている事もあるので、時には休息も入れながら行なう事はとても大切です。

もし腱鞘炎が生じてしまった場合はなるべく早く病院に行って診てもらうようにしましょう。
早期に診断してもらい、適切な処置をしてもらう事で大きな症状になる事を回避する事ができます。

次に腰痛です。
これも整体師に起こりやすい症状のひとつです。
腰痛で整体院に来院するお客さんも多いですが、そうした方の腰痛を治しているうちに整体師自身が腰痛になってしまうという事があります。
これも施術を行なっている際に腰に大きな負荷がかかってしまい腰痛が発症してしまいます。
同じく肩こりも起こりやすい症状です。
常に力を入れて施術をしているとひとつの部分に極度に負荷がかかってしまい筋肉の緊張状態が続くため、こりに繋がりやすくなります。

これもなるべく定期的にケアをする事が大切になります。
仕事を終えてからの休日などを利用して体を動かしたり、自分自身が整体やマッサージの施術を受けるのも良いでしょう。
他のお店の施術を受ける事であなたの技術もより良いものにするための参考にする事もできます。
一石二鳥で役立ってくれるので、ぜひ行ってみましょう。

基本的にはこの二つが職業病と言えるものになります。
どちらも整体師ならではで、体を使って仕事をするために起こりやすい症状と言えます。
両方に共通する事は長時間ひとつの姿勢などで過ごしている事で起こるので、時々リフレッシュとして体の体制を変えたりすると良いでしょう。
ストレッチなども効果的です。
筋肉がほぐれて緊張状態も緩和されるので、良い状態を保っておく事ができます。

整体を長く続けるには自己管理も必要

このように、整体師にも職業病はあるので、これから仕事を始めようと考えている方は事前にチェックしておく事をお勧めします。
整体を続けていくなら、自己管理も大切なポイントです。

Comments are closed.