整体師

専門学校で学ぶことが大切

整体師においては、国家資格などは必要ないので、いってしまえば誰でもすぐに専門家として働くことができます。
よく、「整体師は無資格で運営されている」といわれるのはこのような意味で、決して「もぐり」で開業しているわけではありません。

施術を行う人は体のゆがみを治し、心身の不調を改善し、健康な状態に導いていくための施術になりますので、当然ながらある程度の人体学などの知識がないと実際に施術を行うことは難しいと思われます。
そのため、国家資格は必要なくても、ほとんどの方が専門学校に通い、施術についての知識や技術を学んだ上で、専門家として患者さんに施術を行っています。

昔であれば、専門学校には行かないで直接整体院に就職し、働きながら技術を覚えていく、ということもあったかもしれませんが、今はほとんどの方が何らかの学校を出ているようです。
社会人経験を積んでからこういった仕事にキャリアチェンジする場合でも、学校い行って勉強してから就職する方が多いと思われます。

自分にあった学校選びを

専門学校では、独自の認定証を発行しているところとそうでないところがあります。
またほかの項でも触れたように、施術の考え方にはいくつもの種類がありますので、その施術の内容もさまざまです。
自分で「この流派の勉強がしたい」というものを見つけてから、学校を選ばれることをおすすめします。

実際に仕事にしたいと考えて目指す方は、自分で施術を受けて効果を感じ、「この技術を自分も学びたい」と思って専門学校に進む方が多いので、進学の際には方向性がある程度決まっている場合が多いと思われますが、どの流派を学べばいいのかわからない、という方は、自分でいろいろな施術を受けて、これだと思うものを見つけてみましょう。

専門学校にも信頼できるものとそうでないものがあるようで、どの学校を選べばよいかということがわからない方もいらっしゃるようです。
その場合は、各流派の団体と提携している学校を選べば心配ないと思われます。
また、ほかの項でも触れた「野口整体」などは知名度の高い整体ですので、こちらの技術を学びたいという方も多い様子。

また、仕事にするには資格が必要ありませんが、何か資格があったほうが治療を行う上で信頼してもらえる、と考える方は、東洋医学の資格を取得して、それと平行して施術を行っている方もいらっしゃいます。
整体はさまざまな施術を取り入れていますので、自分がよいと思う施術をいくつか勉強するというのもよいかもしれませんね。
女性で目指される方も多いようですよ。

Comments are closed.