鍼灸師(はり師、きゅう師)

鍼灸師は、鍼治療とお灸の治療を行う人のこと。
施術を行うには鍼灸師の国家資格を受験し、合格する必要があります。

受験資格はあん摩マッサージ師などと同じように、高卒、もしくはそれと同様の学歴があること、3年制以上の専門学校で学び、卒業もしくは卒業見込みであることが条件です。

鍼灸は、東洋医学の「ツボ」について深く学ぶほか、一部西洋医学の知識についても学びますので、かなり勉強範囲が広いです。
また、ツボの場所などの考え方にはいくつかの種類があるようですので、すべてのツボについて学ぶというわけではなく、例えば耳つぼの場合だと、ツボの場所については深く学ばないこともあります。

鍼は、不調な部分に専用の鍼を指して刺激を与えることで、その部分の不調を改善することができます。
鍼の効果はかなり高く、ぎっくり腰で動けなかった方も、鍼を施すことでなんとか動けるようになるなど、効果に即効性があるのも特徴です。
電気鍼といって、鍼を指してから電流を流すことでより症状を改善させることができるという治療方法もあり、こちらもさまざまな鍼灸院で取り入れられています。

しかし、人の体に針を指すわけですから、治療は責任重大です。
鍼治療を行ったことで症状が悪化したり、半身不随になってしまったという話もありますので、鍼治療を受けるときは信頼のできる鍼灸院に行かれることをおすすめします。

鍼灸の「灸」、お灸の施術は、不調な部分にお灸をすえることでその不調を改善するというもの。
こちらも肩こりや痛みなどに効果があるといわれています。
お灸はとても熱いのではないかと心配される方もいらっしゃいますが、灸には何種類かあり、つらいと感じるほど熱くならないものもありますので、初めて治療受ける方は、まずはマイルドなタイプのお灸から施術してもらうとよいようです。

鍼灸の資格を取得することで、鍼灸師として働く事ができるのはもちろん、開業の道もあります。
最近では接骨院で鍼灸師と柔道整復師の両方を常駐させ、いろいろな施術を行えるようにしているところもありますし、鍼灸師と柔道整復師の両方の資格を取得している方も増えてきているようです。

鍼灸院は最近とても増えてきていますので、地域によっては激戦区のところもあるかと思いますが、高い効果が期待できる施術ですので需要も高まってきています。
東洋医学に興味のある方は、鍼灸師を目指すというのも進路のひとつとして検討してみてもよいのではないかと思います。

Comments are closed.