マッサージ師

マッサージ師になるには国家資格が必要だということをご存知ですか?
街にはたくさんのマッサージサロンがありますが、そのすべての人が国家資格を取得してマッサージを行っているのでしょうか。

マッサージを行うには、国家資格が必要になります。
ただし、実際にはマッサージの資格がなくても、マッサージサロンで働いている方はたくさんいらっしゃいます。
正確には、「あん摩マッサージ」の施術を行うためには国家資格が必要となりますので、その他のマッサージを行うのであれば、国家資格がなくても施術を行うことが可能というわけです。

この線引きについてはかなりあいまいとなっていますが、リンパマッサージやアロママッサージなどは国家資格がなくても施術している方がほとんどですので、法律違反ではないということなのでしょう。
ここでは、あん摩マッサージの国家資格について触れていきたいと思います。

あん摩マッサージは、指圧を行うマッサージで、よく温泉などであん摩マッサージをお願いして、部屋にマッサージ師の方を呼んで施術をしていただくというケースがありますよね。
あの施術があん摩マッサージです。

あん摩マッサージの国家資格には受験資格があり、高卒以上、もしくはそれに相当する学歴の人で、3年以上あん摩マッサージの技能を習得できる学校に通っていた方、というのが条件となります。
あん摩マッサージの専門学校を卒業している人、もしくは卒業見込みの人ということです。

あん摩マッサージの国家資格を取得することで、マッサージサロンで働けるのはもちろん、サロンを開業することもできます。
また温泉街のマッサージ師のように、フリーで施術をすることもできますので、汎用性の高い資格です。
ただし、マッサージサロンやフリーで施術を行う場合は賃金がかなり低いことが多く、サロンの従業員として働く場合は、完全売上制のところも多いので、まとまった収入を得たいという方には厳しい状況にあるようです。

よりまとまった収入を得たいという方は、あん摩マッサージの資格と鍼灸の資格を両方取得し、いろいろな施術を行えるようにしてサロンで働いたり、開業されている方が多い様子。
マッサージ師のみの収入で自活ができるか、家族を養うことができるかという心配もありますので、あん摩マッサージの資格に興味のある方は、大手マッサージチェーン店の採用情報などをチェックして、待遇などを確認してから目指されることをおすすめします。

Comments are closed.