カイロプラクター

カイロプラクターのサロンを街で見かけることがありますね。
カイロプラクターは、独自の手法で整体のような施術を行うものになりますが、細かな面で違いがあるので、カイロプラクターを整体を一緒にすると、不愉快な気持ちになるカイロプラクターの方もいらっしゃるようです。

カイロプラクターになるには国家資格などは必要なく、採用してくれるお店があれば、すぐにカイロプラクターとして働くことができます。
海外ではカイロプラクターの施術が医療行為として認められている国もありますので、そういった国では資格が設けられており、その資格を取得していないと施術ができないようですが、日本では特にそういった制限は現段階ではありません。

カイロプロテックと整体の大きな違いは、その目的にあります。
整体の場合は「体のゆがみを直す」ことを目的としていますが、カイロプロテックの場合は体のバランスを整えることを目的としています。

例えば、どこか不調があってカイロプロテックの門を叩くと、カイロプロテクターは体のバランスが崩れているところを探し、その部分のバランスを整えることで、不調を改善するという施術を行います。
その不調の部分とバランスを崩しているところはまったく関係ない場合もありますので、ある種個性的な施術です。

カイロプロテックの場合は、健康保険が適用されないので全額自己負担になる上に施術費用が高いところが多く、また1回の施術で劇的な効果は見られないので、本当に相性のよいカイロプロテクターでないと継続して施術を行いたいと思えない方もいらっしゃるようです。
逆に、すごく相性のよいカイロプロテクターと出会えれば、長年悩んでいた不調があっという間に改善されるなど、神業としか思えない施術を受けることもある様子。

カイロプロテクターとして働きたいという方は、まずは見習いや補助業務としてカイロプロテックのお店で働くことから始めるとよいでしょう。
助手のお仕事をしながら施術技術を学び、少しずつお客さまの施術が行えるように成長していきます。
カイロプロテックにもいくつかの種類があるようですので、まずはいろいろなお店で実際に施術を受け、このカイロプロテクターの元で働きたいと思えるような人に出会うことが大切です。
整体の技術とカイロプロテックの技術を織り交ぜた施術を行っている人もいるようですので、あらかじめ基礎知識をつけてから施術を受けるほうが、技術レベルをより把握できると思います。

Comments are closed.