整体師の一日

整体師の一日をご紹介

整体師になろうと思っている方は、整体師って一体どんな生活をしているのと気になる方もいると思います。
ここでは整体師の生態について迫っていきます。
チェックしていただく事で、整体師についてさらに深く知る事ができます。
整体師の一日のイメージが掴める事でより整体師になろうというモチベーションも湧きやすくなると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

一日の流れについて

整体師の一日は、まずは出勤から始まります。
着替えをして職場に入りますが、服装は職場によって異なる事が多いです。
そのお店独自の服を採用している事も多いです。
服装はなるべく動きやすく、お客さんの邪魔にならないような服装になっているものが多いです。
着替えが終わったら、職場の掃除をします。

お客さんは着替えをして荷物を置いて整体を受ける事が多いため、荷物を置き忘れてしまう方もいます。
掃除の際にはフロアをきれいにしながらもそうした忘れ物がないかもチェックしていきます。
こうして掃除が済んだらお客さんのカルテのチェックとミーティングを行ないます。

整体師が働く医院などでは整体師の方が複数勤務している事も多いです。
そうした方とミーティングをして一日の流れを確認します。
予約が入っているお客さんはその都度優先して対応していく事になるので、動きの打ち合わせをしておきます。
こうしてミーティングが終わったらお店がオープンとなります。

順番に来院したお客さんを対応していきます。
整体の施術を行ないますが、お客さんともコミュニケーションを取りながら施術をしていきます。
お客さんそれぞれによって状態も異なるため、お客さんに合わせた施術を行なっていきます。
こうして午前中の施術が終わったら休憩を取ります。

休憩はお昼の時間が決まっている医院も多いですが、中にはスタッフが交代で休憩を取っている職場もあります。
職場ごとで異なるので確認しておくと良いでしょう。
こうして休憩が終わったら、午後の後半の施術の対応に入ります。
特に午後からは来院するお客さんの数も多くなる事が多いので、忙しくなりやすいです。
順番に施術の対応を行い、夜まで施術をしていきます。

夜の時間も整体師の仕事は忙しくなりやすいです。
特に仕事を終えたサラリーマンの方は仕事帰りに整体に寄るという事も多いので、そうした方の対応を行なっていきます。
サラリーマンは日々の仕事で疲れている方も多いので、整体の施術も入念に行なう必要がある方も多いです。
こうして夜の施術が営業時間まで終了したら、後は掃除などをして終了となります。

整体師になろう

このような流れで整体師の一日の仕事は進んでいきます。
ぜひ参考にして今後のあなたの整体師のキャリアに役立ててみてくださいね。

Comments are closed.